一族が全員同じ写真館

子供の成長に合わせて撮る家族写真

我が家では、子供の成長イベントの毎に家族写真を撮影します。一番上の子供は、「お宮参り」「お食い初め」「七五三」「入園式」「卒園式」「入学式」「卒業式」「1/2成人式」を、同じ写真館で撮ってもらってきました。撮影に訪れる度に、本人撮影の他に、私たちの家族写真も撮ってもらうため、子供の成長に合わせて撮ってきた写真を残し、途中から家族が増える等の変化も確認することができます。次にお世話になるのは、下の子の七五三ですが、今から楽しみです。

親から子供への贈り物

私の両親が私たち兄弟の成長イベント毎に利用してきた写真館があります。そこで私たちの家族写真も撮ってきました。私も自分が家庭を持った時に、両親がしてきてくれた事と同じように、同じ写真館で写真を撮ってもらって、同じように写真を残したいと思ったからです。私の成長を撮ってきてくれたカメラマンさんと写真館に、私の子供達の写真も撮ってもらいたいと思いました。子供一人でも前述のように相当数の記念イベントがあるので、二人目と合わせると、それなりの回数の家族写真を撮る事ができます。当然、私の兄弟も同じように利用しているため、一族が全員同じ写真館で、同じカメラマンさんに撮影してもらっている事になります。お正月に親戚が集まった時に、同じフォーマットで作成されたアルバムを見せ合って思い出話をする事ができることもできて楽しいです。今度はいつか、家族写真に留まらず、一族総出の写真をいつか撮ってもらいたい等と考えています。両親の米寿や、喜寿、自分たち夫婦の記念日等にでも撮影をお願いすれば、そのような機会も得られるのではと計画しています。

家族写真を撮っている写真館

写真館は母の地元にあります。そこの写真館は母の代からお世話になっており、ご夫婦で経営されています。

写真館の奥さんが私たちの着付けと、撮影時のライティング、子供をあやして笑顔を引き出す役で、旦那さんが複数のデジタル一眼レフカメラでの写真撮影と写真編集を担当されています。特に奥さんが小さな子供を扱うのが凄く上手で、ぐずっている赤ちゃんでも鈴やガラガラ玩具、団扇や扇子といった、色々なアイテムを用いて、子供の一瞬で最高の笑顔を引き出してくれます。

また、私の母や妻は和装で撮影するため、子供の七五三衣装の他に、大人二人の着付けも同時にやってもらう必要があり、そういった難題も難なくこなしてくれます。撮影時には、着物の光の当たり具合まで考慮したライティングして下さるので、旦那さんが撮ってくれる写真は、着物の生地や帯のきめ細やかまで描写されます。髪飾りや小物を前日までに持ち込んで、着物との組み合わせについての打ち合わせを行い、アドバイスもしてくれます。どうしても、納得のいく小物を用意できない時は、お店のルートを使って用意してくれます。

スタジオには、撮影機材と照明、撮影用背景や若干の小物が完備されており、カメラを趣味とする私も一緒に撮影をさせてくれます。特に個人では背景壁紙を準備する事が難しいので、様々な背景で撮影させてもらえるのが嬉しいです。しかし、いくら私が枚数を撮ってもプロのカメラマンさんが撮った写真に勝る作品は撮れません。でも、父親目線での写真を撮る事ができるので、それもまた一興です。プロが撮ってくれているという安心感から、私は失敗しても良いかなというスタンスでいられるため、前回の撮影時にはリバーサルフィルムを装填したフィルムカメラで子供の写真を撮ってみたりする事にトライしてみました(案の定、失敗写真の嵐でしたが、、、)。

撮影後には現像前のデジタルデータ(RAW)をCDにして納品して下さるので、撮ってもらった家族写真を後日にSNSやブログにアップロードしたり、親戚にメールやデジタルフォトフレームで共有できるのもありがたいです。大手の写真スタジオチェーンだと、親の撮影や、デジタルデータの提供枚数には制約があると思うので、そうったあたりの大らかさも個人経営の写真館ならではです。家族のイベント毎となると、数年おきに写真館を来訪する事になるので、その度に今まで撮ってもらった家族写真のアルバムを抱えて持って行き、ご夫婦に見てもらって、我が子の成長と家族の変化を一緒に喜んでもらっています。「あーあの時笑わせるの大変だった赤ちゃんも、こんなお姉ちゃんになったのね~!」「お父さん老けたわねー」「息子ちゃん、おとなしかったのにヤンチャになったのね~」などと懐かしがって下さいます。また、写真館のHPに我が子の写真が載ると、親戚が集まった時に皆で見て話題にする事ができたり、地方にいる親戚にもみてもらう事ができます。そのような写真館なので、友人に結婚や出産等のめでたい出来事があった際には、写真館で家族写真を撮る気持ちや習慣のない友人でも、「記念なんだから、絶対撮っておいたおかないとダメだよ!」とここの写真館での撮影を勧める事にしています。おかげで、友人宅にも、我が家と同じようなフォーマットのアルバムがある家が増えてきています。

 

写真の楽しみ方

納品してもらった写真は、写真館オリジナルのアルバムにして下さったものを棚にしまっていて、お客さんが来た時にいつでも見せられるようになっています。デジタルデータから一番良かった写真を選んで自分でA4や四つ切りプリントしたものを額に入れてリビングに飾っています。また、L版スナップサイズのものを複数枚印刷して、小さなアルバムにしたり、親戚にプレゼントしています。

写真館の旦那さんは、アルバムの制作を撮影直後に開始するので、自分も一緒に写真を選定する事ができます。そのため、子供自身が自分で、お気に入りの一枚を選ぶことができます。編集担当の写真館の旦那さんに全て任せてしまっても良いのですが、子供が一番良い表情をしている写真を自分で選んでアルバムにできるのはとてもありがたいです。また、写真はrawデータをCDで頂けるので、自分でレタッチしたりプリンターを利用し、家族で旅行に行った写真と組み合わせた合成写真や、組写真、子供の成長カレンダーや、家族写真風船、子供名刺なども作成して、楽しんだりしています。

私の理想の写真館

観光地や名所に同行してくれたり、様々な衣装を用意してくれていて、子供が着替える事ができる写真館も良いのですが、私としては帰ってくる家のようにいつでも同じお店で同じ人が同じように写真を撮ってくれるというのが、家族写真を撮る写真館としては理想のように思っています。家族写真は、撮影側も私たち家族と思えるような存在である事が重要で、お互いの信頼関係が築けているからこそ、良い写真を撮ってもらえるのだと思います。そのため、子供の写真を親が自由に撮れない、枚数に制限がある、デジタルデータは提供不可のような写真館だと、行くことを躊躇してしまいます。また中判カメラや、高級機材の利用を謳っている写真館よりも、カメラマンさんの人柄や、子供をあやす能力やアイテムが揃っていると嬉しいです。

私が利用している写真館は、限られた機材とスペースでも、撮って下さる写真館の方の人柄に触れる事ができ、一緒に家族の成長を喜んでくださる家族のような写真館なので、今後も家族のイベントの際にはお世話になろうと思

一覧へ戻る

電話お問い合わせ